バイエルンのクローゼ、全治3週間のけが

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが
負傷のために当分の間チームを離れることになった。

クローゼは9月29日のバイヤー・レバークーゼン戦(1−0で
勝利)に出場した際、相手選手と交錯し、右足を負傷していた。
検査の結果、腓骨(ひこつ)頭に損傷のあることが分かり、
少なくとも3週間の休養が必要と診断された。

このためクローゼはひじの手術を受けるカーンと同様に、
ポルトガル・リスボンで4日に行われるUEFA杯1回戦の
ベレネンセス戦のメンバーから外れた。


クローゼ 負傷 詳細
サッカーblogrank


2007年10月3日(火)

−記事引用 スポーツナビ−

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。