バイエルン、独代表FWポドルスキ放出も!?

現地時間26日、バイエルン(ドイツ)のゼネラルマネージャーを
務めるウリ・ヘーネス氏が、ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの
働きぶりについて苦言を呈した。

2006年7月にバイエルン入りして以降、22試合出場でわずか
4得点と思うような活躍ができていないポドルスキ。

現地メディアに語ったヘーネス氏は、同選手があまりにも簡単に
ボールを失っていると指摘し「彼はここに1年近くいるわけだし、
2年目の今年は実力を証明しなければならない。彼はまだ何も
していない」と痛烈に批判した。

また、バイエルンでは現在、イタリア代表FWルカ・トーニ、
ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼという新加入の選手が
活躍を見せていることもあってか、ヘーネス氏は
「もし彼(ポドルスキ)がすぐに態度を改められないようなら、
ここに残ることはできない」と、最後通牒ともとれるコメントも
発している。


バイエルン・ミュンヘン移籍情報 詳細
サッカーblogrank


2007年9月27日(木)

−記事引用 ISM−

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。